【ネタバレ】劇場版 奥様は取り扱い注意のラストシーンは?離婚?妊娠?

劇場版 奥様は取り扱い注意が3月18日の金曜ロードショーで地上波初登場みたいですね!

ドラマ版好きで全部見てて、劇場版楽しみにしていたのになんだかいつ公開したのかも分からないまま忘れていました…きっとコロナでドタバタだった頃かな(T_T)

という訳で金曜ロードショー楽しみ!と思ったのですが、今回は忘れないうちに見ておきたい。
そこで動画配信サービスを調べたら、U-NEXTで31日間無料登録すれば、登録時にもらえるポイントで、実際0円で「劇場版 奥様は取り扱い注意」をみれちゃうらしいので登録して観てみました〜!

以下一部ネタバレ含みます。

ーーーーーー

さて、ドラマの最終回ってどんな感じで終わったっけ?と思い出してみると、「お互いの正体に気づき、菜美が帰宅したら勇輝に銃を向けられる。菜美がニヤリ。」というシーンで終わった記憶。

ところが映画の冒頭は、海辺の田舎町で二人が仲睦まじく暮らしている様子から。なんで?

と思いつつ観ていくと、菜美は記憶喪失になっていることが判明。

「ユウキ」は「ユウジ」として学校の先生に。「ナミ」は「クミ」と名前を教えられて専業主婦として暮らしていました。

※「名前を偽っている」ということが分かるシーンが無いため、ドラマの記憶があまり無い人はこの設定あまり気づかないかもしれません。(実際私は「あれ、ナミって名前じゃなかったっけ…?まぁいいか」くらいで観てましたw)

なんやかんやあってもちろん菜美は記憶が戻るのですが、恐らくそれは市長選を妨害する暴力団みたいな人たちにお腹を殴られた時。

一瞬で全部思い出したので頭を抱えていましたね。でも同時に勇輝のやさしさと懐かしさも思い出したのでしょう。

そこからナミは、記憶を思い出したものの、記憶喪失のフリを続けていたようです。(ここらへんはあまり明確にかかれていないが、後から白状していました。)

そしてそのことを勇輝も気づいていたよう。なぜならお弁当がちょっと手抜きになり始めたから(笑)

そう、もともとのナミはそんなに料理が得意ではありません。キャベツの千切りも上手いこと繋げて切ってしまいます。そこらへんも含めて勇輝は気づいたのでしょうね。(でも傷つけないようにそこは気づいた理由として言ってませんでした。やさしい!)

そしてもちろん色々あって、最後は勇輝の手でナミの心臓を撃ち抜き、ナミは海に落ちていく…というラストスパート。

とはいえ、以前二人で観ていたTV番組で「心臓や肺を傷つけずに上手いこと棒が貫通したので助かった」という仰天ニュース的なものがやっており、その方法を使ってナミは死なずに済んでいた模様です。

しかし、その後のシーンがちょっとまた謎が残っていて、勇輝は何事もなかったかのようにあの海辺の田舎町で暮らしています。でもそこにはナミの姿は見えません。そして「ナミさんは元気?」と問われて「まあはい。」みたいな感じ。

そしてナミはどうやら海外にいる模様で、海外の海辺のカフェで優雅にお茶してる場面から。そして何やら黒い車から降りてきたスーツの男たちの合図でそちらに向かう…というシーンで映画は終わりました。

私の勝手な推測では、
「ナミは妊娠して里帰りしたことになっている」
が一番有力なのかなと。

商店街の人たちは、勇輝に「大変だったね〜」とか離婚した風の話は一切していませんでした。

そして何よりもナミは記憶喪失(のテイ?)のときに子どもを欲しがっていた!

という訳で、めでたく子どもができたか、できたフリをして、何かしらの理由で海外に行っているんじゃないかなーと思いました!

そして全体的に綾瀬はるかの演技がすごい好き。記憶喪失中のおしとやかな「クミ(勇輝が記憶喪失のタイミングで名前を偽って教えた模様)」と本性の「ナミ」では全然雰囲気が違う!私はどっちも好きです。

とまあ色々書きましたが、まだ観ていない方はぜひ見てみてください!