【初心者向け】海外留学できなくても英語が喋れるようになる勉強方法

当ページは筆者が実際に体験したサービスのレビューとプロモーションを含みます。
audio england great britain headphone

筆者のたこやきは海外留学経験がありません。
それでも今、TOEIC920点を持ち、海外クライアントと英語で仕事をしています。

留学したこと無くてもTOEIC900点以上って、どんな勉強をしたの?

この記事を読んでもらえば効率的な勉強方法がわかりますよ👍

この記事はこんな方におすすめ!
・海外留学したいけど経済的に厳しい…
・日本でできる勉強を最大限やりたい
・TOEICの点数を伸ばしたい
・子どもに英語をどう学ばせるのが効率的か知りたい

それでは見ていきましょう!

目次

1. 出会いは洋楽。発音練習にはこれが一番!

筆者が英語に興味を持ったきっかけは「洋楽」でした。
特にアヴリル・ラヴィーンにどはまりしてから、何か曲を聴くとしたら必ずと言っていい程、洋楽を聴いていました。

気に入ったJ-POPがあったら、自分でも歌えるようにしたい!と思うのと同じように、アヴリルの曲も英語で口ずさめるようになりたい!と思い、練習し始めました。
これが中学2年生の頃。この「曲口ずさみ練習」が無ければ、私の英語の上達は無かったかもしれません

ご存知の通り、教科書で習う英語や授業で習う発音は、実用的ではありません。
発音に関してはそもそも舌の使い方が違うので、日本人同士で練習しても日本人的発音にしかならないのです。

しかし、英語の曲は「ネイティブが喋る英語」であり、参考書の発音記号を見て1人で練習するより何百倍も役に立つ教材なのです!

しかも曲は「とりあえず覚える」のに最適!
「なんとな〜く曲と一緒に口から出てくる」となりやすいのです。
そしてネイティブの発音のしかた、スピード感、抑揚の付け方もなんとな〜く身についていく!(本当に)

「英語ってなんか楽しい」
「発音同じようにできた嬉しい」
「喋れないけどなんか口ずさめるようになった」

という感覚が、これから英語を上達させるために必要な土台になります。

以下でおすすめの曲とおぼえ方についても紹介します。

英語丸暗記!初心者おすすめ洋楽曲

私が中学生のときに丸暗記したお気に入りの曲はこちら↓

…有名ですよね!(若い世代はもう知らない範囲なのかな?汗)

この曲は全体的に下記特徴があるので、入り口としてはぴったりかなと思います。

・明るい曲
・そこまでスピードが速くない
・ストーリー性があるので映像が浮かんで覚えやすい
・単語が簡単&日常で使いそうな単語が多い
・歌えたら結構かっこいい

曲は気に入ったものならなんでも良いのですが、難しいラップや前編早口のものは最初は避けた方が安全です。

さて、例えばこのままアブリルの「Sk8ter boi(スケーター ボーイ)」を覚えるとして、練習の仕方も少しコツがあります。

①まずは音楽として楽しみ、音楽として覚える

何度も聞いて音楽を覚えられたらまずはOK!
ここでは英語は覚える必要はありません。鼻歌で歌えるレベルになれば完璧。

②歌詞の意味を先に日本語で確認する

「Sk8ter boi 歌詞 和訳」とかで調べると下記ページなどが出てくるので、拝見しましょう♫
https://aanii.net/sk8erboi-avrillavigne/

③歌詞と和訳をセットで見ながら、曲にあわせて英語を口ずさんでみる

たぶん最初はなかなか難しいので、雰囲気だけ口ずさむ
→もう少し上手くやってみる
→つまずいた所を曲なしでゆっくり練習してみる
→また曲に合わせて練習してみる…
というようなステップを踏んで見てください。

本当にこれがスピーチ練習だったら、もうここで挫折100%なのですが、曲だと「これ完璧に歌えた時、めちゃくちゃかっこよくない?」と思い続けられるのが大きなメリットです。

ちなみにもう少しバラード系が良い、という方にはこちら。
Ed Sheeran – Perfect

ちなみにEd Sheeranはイギリス英語です。
私は正直そこまで気にせず「洋楽」ひとくくりでなんでも覚えて、あとから確かにアメリカ英語とイギリス英語って違うわーくらいでした。
大事なのは好きな音楽かどうかなので、最初はあまり気にしないようにしましょう。

絶対アメリカ英語がいい!or イギリス英語がいい!という方は歌手の出身も調べて曲選定してみてくださいね。

2. 単語帳は必ず一通りは終わらせる

次のステップは「単語帳は必ず一通りは終わらせる」です。

・学校で使っている・使っていた単語帳
・無料/有料アプリの英単語帳(私はキクタンとかやってました)


なんでもいいので1周は完了してみてください。
毎日3単語だけ覚える、毎週5単語は覚える、など自分の中でルールを決めてやるのがおすすめです。

ちなみに私の夫もとりあえず単語帳を1冊まるっと覚えた結果、リスニング・スピーキング力が格段にアップしました。

3. アプリでできるだけ毎日勉強する

最近は色んな英語学習アプリが出てきて、英語学習者にはとても恵まれた環境になってきました。

まずおすすめするのは「Duolingo(デュオリンゴ)」というアプリです。
基礎中の基礎から問題を出してくれるので、比較的挫折せずに進められますし、英単語だけでなく文法問題もバランスよく出してくれます。
そして何より、Duolingo(デュオリンゴ)は無料で学べる!
無料体験期間とか、無料ユーザーはここまでしか学べないとか、そういう制限がないんです。

最強じゃないですか?
もちろん無料で利用する場合は、広告を見ないといけなかったり、ハートを消費したら学習が一定期間できない(時間が経てば回復する)などの仕様になっていますが、基本は完全無料!
デュオリンゴの創設者が自身の生い立ちから、貧困層でも英語学習によって人生を変えることができる…といったメッセージを込めてこの仕様にしているとか。素敵。

無料なのでぜひダウンロードしてみてください。

Duolingo – App store

https://apps.apple.com/jp/app/duolingo-language-lessons/id570060128

Duolingo – Google play store

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.duolingo

4. ワーホリに行ってみる

これは「経済的に親のお金では海外留学できない」という方向けですが、ワーキングホリデー(ワーホリ)制度を使ってみるのはどうでしょうか?

筆者も実際に、社会人3年目で仕事を辞めて、ワーホリでオーストラリアに1年間滞在しました。
本当は高校生・大学生で海外留学したかったのですが、できなかったので自分で100万円ほどお金を貯めて行きました。

ワーホリは、海外で一定期間生活ができ、現地で働くことができる特別なビザ制度のことです。
通常観光として行く場合、その旅行先では働けませんが、ワーホリでは就労が認められるので、生活資金を稼ぎながら滞在できるのです
ワーホリは、日本と相手国との間で協定が結ばれている国のみででき、一番人気はカナダ、オーストラリアなどになります。

基本は18歳〜30歳までが対象のようなので、対象年齢の方はぜひ検討してみてください!

ワーホリについてまとめている記事があったのでご参考まで!
https://www.ryugaku.co.jp/column/2019/04/column-5.html

最近は留学やワーホリを無料または無料に近い金額でサポートしてくれるエージェントも増えてきました。
無料カウンセリングなどで、まずは情報収集してみてください。
⚠実際には手数料でお金がかかるなど有料の場合があります。ご自身でよく調べて選定してみてくださいね!

【PR】オトクなキャンペーンを実施中のエージェントサービスがあったのでリンクを貼っておきます。

実際どのくらい英語力がアップした?

さて、中学2年生から始めた洋楽丸暗記など諸々を実践して、筆者は↓こんな感じでTOEICの点数を伸ばしてきました。
日本での勉強だけでTOEIC750点程は大学生時代に獲得できました。
そして海外での滞在経験を経て、現在は920点!
そしてまだまだ勉強を続けようと思っています。

今が一番人生で若いタイミングです。
今自分が何歳でも、今すぐ行動してみましょう!

audio england great britain headphone

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次